在庫を見る
SOS直販サイトへ行く♪

中古ヘルストロン・パワーヘルスなど各種電位治療器販売 SOSネットワーク本店

「SOS 中古」で検索免税店 Tax-free, Duty-free Shop お問合せは24時間受付

最長10年間保証付
ご利用ガイド
商品を購入する

各種電位治療器
タイムセール開催中
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

トップページ > 電位治療器や健康に関する用語集 か

電位治療器や健康に関する用語集 か

用語集
   
       
お得情報
花粉症
花粉症(かふんしょう、hay fever / pollen allergy / pollen disease, 医 pollinosis または pollenosis )とはI型アレルギー(いちがた−)に分類される疾患の一つ。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎(対:通年性アレルギー性鼻炎)に分類され、その代表的なものとなっている。
目の痒みや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎に分類される。
また、狭義には鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症(または花粉性結膜炎)、皮膚症状は花粉症皮膚炎または花粉皮膚炎)、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと別に呼ぶことがある。
この記事では、hay fever = 枯草熱、pollinosis = 花粉症というように、古語・現代語、一般名・疾病名、の観点で呼び分けることもある。なお、pollen allergy は花粉アレルギー、pollen disease は花粉病(花粉による疾患)の意である。

介護
介護(かいご)とは、障害者の生活支援をすること。或は高齢者・病人などを介抱し世話をすること。 日本で「介護」という言葉が法令上で確認されるのは、1892年の陸軍軍人傷痍疾病恩給等差例からであり、介護は施策としてではなく、恩給の給付基準としての概念であった。
「介護」という言葉が主体的に使われるようになったのは、1970年代後半からの障害者による公的介護保障の要求運動からである。医療にQOLの考えが普及すると、介護にも導入され、介護によって病人、高齢者の生活の質(QOL)を高め、QOLのさらなる向上に貢献することもまた介護の目的とされている。
介護保険法により高齢者の、支援費支給制度により障害者の、在宅介護サービスがより一般化したが、サービス利用者は全体の1割であると見られており、2004年現在も障害者関連予算の6割は施設に費やされている。
また、介護を行う介護福祉士やヘルパー等の介護職は低賃金の為慢性的な人材不足であり介護施設の9割が人手不足である。

肩こり
肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。英語では、Stiff shoulders(硬い肩)などと呼ぶ。
項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。 頸肩腕症候群の初期症状とも言われている。

カイロプラクティック
カイロプラクティック(Chiropractic)とは、ギリシャ語のChiro「手」とPrakticos「技術」を組み合わせた造語。1895年 にアメリカ、アイオワ州ダベンポートのD.D.(ダニエル・デビッド)・パーマーにより創始された。 世界80ヶ国以上に広まりアメリカやイギリスなど34の国と地域で法制化され、国連の世界保健機関では鍼灸とならび認められている国際的ヘルスケアである。国内では法制化されておらず、無認可手技療法のひとつ。

カード(業界)
無料体験カードとも言う。
スポーツクラブのお試しや治療器のお試しの時に主催者側より配られる簡易会員証。
電位治療器の効果効能をより深く確認してもらうためには、何よりも体験の継続が重要なのです。カードに名前を記入して治療した日数にハンコやシールを貼る事により、回数による効果の確認ができ、通電の継続を図り、体験客の情報管理や治験例の確認が可能で購入への導きが容易になる。

価格発表(業界)
電位治療器の場合、無料体験会場の開催初期段階では、初客導入を行い、体験者数を増やさなければならないため、体験会場内では販売目的では無く宣伝または周知目的という名目で営業するので価格は、最後まで発表しない。
これは価格を隠すと言うのではなく、より多くの体験客を集めるのが体験場の最大の目的なので価格を発表することにより、押し売りされるとかの不安が出てくるため、集客の妨げになる事を防ぐためである。したがって、会場の初期段階では価格を発表するのを抑え、 体験する人数が増えて閉店前15日から20日前くらいに価格発表を行う。

管理医療機器
薬事法第二条第六項に規定される管理医療機器。
高度管理医療機器以外の医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合において人の生命及び健康に影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものである。
家庭用電位治療器も管理医療機器に分類される。

肝硬変
肝硬変(かんこうへん)は肝臓病の一つである。
慢性の肝障害が進行した結果、肝細胞が死滅・減少し線維組織によって置換され、結果的に肝臓が硬く変化し、肝機能が減衰した状態を指す。肝組織は再生能力の非常に強い組織ではあるが、ある程度以上肝臓の線維化が進行すると、その変化は非可逆的となる。

癌(がん)

局所ペン
局所ペンは、先端付近に概略円柱状のローラを有している。このローラの側面部は、導電性で、治療器本体からの高電圧が出力される。従って、局所ペンを手でもって、ローラの側面部表面を肩や腰などの被施療部に当てることにより、集中的な治療を施すことができる。
また、電位治療器の大半は無刺激で治療している感覚が少ないため、マンネリ化が起きやすいので少し刺激のある局所ペンの使用がより効果的になる場合がある。

キャンペーン(業界)
各メーカーによって期間は異なるが、スーパーとかの一角か街角の空き店舗を使用して、1〜6ヶ月で電位治療器をお客様に体験してもらい、効能効果をお試し頂いてから購入して頂く電位治療器特有の販売方法のこと。
電位治療器は説明書とか原理を説明しても理解しがたいものなので、体験に敵う方法は他に無いと思われるので、まず、体験することが大切です。試して良ければ続けてかかるべきだし、ダメもとのつもりで体験すべきです。この体験場の評判が電位治療器の普及の大半の基盤になっています。もし、購入する場合には、ある意味でテレビとかチラシとか違い、自分自身で確認できるのが良い。

期間延長(業界)
無料体験会場の無料お試し期間を延長する事。
メーカーでは集客力の高い会場を残すことにより、集客力の低い会場を淘汰させることが出来る。 集客数=機器の人気→売上げ----となるため、できるだけ会場の人数を増やすことが最大の目的なので、20日間くらいして増える見込みが無い場合は、期間早めに閉鎖する場合もある。
しかし、主催者側も人数を増やすと期間も延長できるし、体験者側では一日でも長く無料体験できるのであれば、ご互いに協力しても損はないので、自分が体験して良ければ集客に少しでも協力するべきである。人数増やしに協力することにより、会場担当者との関係も良くなり、いい雰囲気で毎日体験することができます。

クロージング(業界)
一般には最終契約を締結し、代金決済が終了することを指す。
営業におけるクロージングとは、商談を最終的に締結させるって事で、お客様に対して最終的な購入を迫る行為になります。クロージングの成功率は売上に直結しまして、営業マンの力量が発揮される場面でも有る。 大抵の電位治療器体験場では無理な押し売りなどはほとんどありません。
会場の体験者数が多く、繁盛している会場は当然、販売台数も多いので、担当者の態度も明るく機嫌も良いが、人数が少なく流行っていない会場では、機器販売を焦るため、どうしてもキツいクロージングをしてしまうようである。主催者側では社員の給料、会場の家賃、スーパーなどへのコミッション料など、かなりの経費も発生しますので、体験者は自分が良いと思ったならば会場の集客に協力してあげるのが良い雰囲気で体験できると思います。

血液サラサラ
血液サラサラとは、健康的な血液の流動性のイメージを期待できるとして、2000年ごろからメディアに頻繁に登場した言葉、キャッチコピーである。
従来高脂血症ではないような血液の状態を印象付けるような言葉として用いられてきたが、後に人工の毛細血管のモデルを通過しやすい血液の状態を表すためにも用いられるようになった。
流行の火付け役は、1999年に放映されたNHKの「ためしてガッテン」とされる。以降、ためしてガッテンで継続的に取り上げられるようになり、血液サラサラに関連した料理本が頻繁に出版されている

検電器
検電器(けんでんき)は、その部位が電気を帯びているか否かを判別する行為(検電)に用いる電気計測器である。
電線路や電気機器の点検作業を行うに当たっては、その作業部位が電気を帯びているか否かによって作業の危険度が大きく異なる。 一般に電気工事に際しては供給している電気を停止させてから行われる。 検電は、その停止状態を確認する行為である。 なお、やむを得ず電気を停止させずに行う作業を活線作業(かっせんさぎょう)という。
電位治療器体験場では担当さんが、毎日お客一人一人に検電器を当て、通電をアピールすると同時にコミニュケーションの場を作る道具として使用されている。

限定販売(業界)
当節は売り手側の攻勢で日常的に「今回限り」「何台限定」「本日限り」「歳末特価セール」「新春セール」のようなフレーズが飛び交っており、年末、年始にかかわらず、同じ品物を扱い、セール文句を時期によって変えているだけですから、消費者の方は本当に今それが必要なのかを冷静に判断し、購入決定すべきだと思います。

言語障害
言語障害(げんごしょうがい)とは、言語の適切な理解と表現が困難な病態(状態)を言う。 言語障害には、「音声機能の障害」と「言語機能の障害」とがある。 音声機能の障害とは、音声や構音(発音)、話し方の障害のことである。 構音障害(機能性、器質性、運動障害性、聴覚性)
吃音症(話し方の流暢性とリズムの障害) 痙攣性発声障害(ジストニア) 速話症、乱雑言語症、早口言語症(Cluttering)等がある。早口言語症は、聴覚フィードバック系の機能不全であることが解っている。 また、脳性麻痺や聴覚障害、口蓋裂、喉頭摘出、舌切除等によっても音声障害が生じる。 言語機能の障害とは、ことばの理解や表現の障害である。 失語症・高次脳機能障害 言語発達障害などがある。 言語発達障害には、特異的言語発達遅滞のほか、LDとの重なり、知的障害、自閉症(広汎性発達障害)等に伴う場合がある。 言語障害に対するリハビリテーションは、医療機関等で言語聴覚士によって行われている。幼児、児童、生徒に対しては、幼児療育施設や、小学校・中学校の言語障害通級指導教室、特殊学級(言語障害学級)での言語指導が、言語聴覚士のほか、保育士や教員等によっても行われている。

高圧コード
電位治療器の部品の場合、電位を取り入れるための導子を繋ぐための部品として製造されている。

高血圧
高血圧(こうけつあつ、Hypertension)とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きい。
生活習慣病のひとつであり、肥満、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されていた。これらは現在メタボリックシンドロームと呼ばれる。

高度管理医療機器
薬事法において以下のように定義されるものである。
高度管理医療機器」とは、医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合において人 の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものである。
身近なものとしてはコンタクトレンズがあげられる。

効能効果
効能と効果を合わせた言葉、以下にそれぞれの言葉の意味を示す。
効能(こうのう)は、ある物質の作用によって得られる効果のことである。医薬品のように服用や塗布によってその効果を得るもの、温泉のように入浴や飲泉によって効果を得る場合などがある。
効果(こうか、effect)は、一般的にある特定の行為、動作、操作によって起こった、ある特定の好ましい現象をいう。 科学の実験でおこった現象や営業、宣伝展開、スポーツでのポイントの取得など、さまざまな場面で、「効果があった」という言い方がされる。

厚生労働省
厚生労働省(こうせいろうどうしょう。
英訳名:Ministry of Health, Labour and Welfare, "MHLW")は、日本の行政機関の一つ。
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進、並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする。略称は厚労省。
2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を統合して誕生した。
医療・健康・福祉・年金や、労働・雇用といった分野を職掌とする。

好転反応
好転反応(こうてんはんのう)とは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で起こる予期しない激しい身体反応のこと。
またいわゆる健康食品や健康器具のセールスの場にて、しばしば副作用、不適応を誤魔化すための用語として使われるので、注意が必要である。

高濃度酸素
酸素濃縮器(さんそのうしゅくき)とは、空気を吸気し、高濃度の酸素を排気する医療機器のことである。 おもに呼吸器疾患などの患者が自宅で酸素を吸入する在宅酸素療法(home oxygen therapy 略称HOT)のために使われ、PSA式(後述)の製品が多い。
またパナソニックは、健康増進向けに酸素富化膜式(後述)の家庭用酸素濃縮器を販売。
近年、健康目的で、酸素バーや自宅などで高濃度酸素を吸入することが流行している。
また、バーナーなどの燃焼機器の高効率化のためにも使用される。 酸素濃縮器といっても酸素と窒素を分離する装置なので、逆の構造に作れば窒素濃縮器になる。

国際カイロ
〒170-0013 豊島区東池袋1-36-3 池袋陽光ビル5F
TEL:03-3983-3141 FAX:03-3971-1665
ネオドック、イオンドクター、ネオドックメディカルの製造販売

ココロカ
〒108-6024東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟24F
0120-556-556
リブマックス9000リブマックス12700、レガシスプラスの製造販売

コスメニック9
販売元: 株式会社 コスメニックが販売する電位治療器
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町4-1
TEL:06-6389-7575
製造元: 昭和電機産業株式会社
〒509-0133 岐阜県各務原市鵜沼古市場町2-48
TEL:0583-70-2500

コスモドクター
販売元 株式会社コスモヘルス
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町二丁目6-2上野ビル9階
Tel:03-5209-5858/Fax:03-5209-5859
商品名:
コスモドクターYK-9000コスモドクターPRO-9000、コスモドクターCX-9000、
コスモドクターAL-14000

五十肩
五十肩(ごじゅうかた、英 frozen shoulder)は、中高年に多く見られる運動器系(整形外科的)疾患の一つ。肩関節の運動障害と、肩・首筋・上腕などの鈍痛を愁訴とするものの通称である。
1960年代までは四十肩と呼ぶのが一般的であったが、現在は「五十肩」と呼ぶことが多い。
肩関節周囲炎(肩峰下インピンジメント症候群、インピンジメント徴候)とも呼ばれることもある。

古物商許可証
古物商許可証とは 公正取引委員会の認可のもと、古物の取り扱いを行っている証明書 SOSネットワークで取り扱う古物の種類は機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)などに該当する。

誇大宣伝
特定の商品やサービスについて、虚偽あるいは大げさな内容をうたい、実際よりも優秀・優良であるかのように見せる宣伝手法のことを過大宣伝(かだいせんでん)あるいは誇大宣伝(こだいせんでん)などという。広告の場合は、過大広告あるいは誇大広告という。
このような宣伝行為は、健全かつ公正な競争を維持できないばかりか、消費者の誤認を招き被害が発生する恐れがあるため、多くの場合(特に商行為)において不当表示(あるいはそれに順ずる行為)として禁じられている。
日本における根拠法としては不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)が挙げられ、他にも宅地建物取引業法第32条、特定商取引に関する法律第12条、薬事法第66条などにて、誇大広告等につき禁止する旨の規定が設けられている。

こむら返り
こむら返り(腓返り、こむらがえり)またはこぶら返り(こぶらがえり)とは、腓(こむら、こぶら)=ふくらはぎに起こる筋痙攣の総称。「(足が)攣(つ)る」とも言われる。
特に腓腹筋に起こりやすいため、腓腹筋痙攣と同義とみなすこともある。他にも指・首・肩などもこの症状と類似した状態になる場合がある。

コラボレックス
【製造元】 コラボレックス
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル7階
TEL 03-5421-7211 FAX 03-5421-0240
【販売元】 株式会社レックス
TEL 03-6222-5600

コレステロール
コレステロール (cholesterol) またはコレステリン (cholesterin) はステロイドに分類され、その中でもステロールとよばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。
分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。
生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。
いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポ蛋白がつくる複合体を示し、コレステロール分子自体をさすものではない。
これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる

専門知識豊富なスタッフが商品選びのお手伝い
店舗のご案内
電位治療器カタログ無料送付中
携帯・PHSからもOK_お問合せフリーダイヤル
買取のお申込み
メールでお問合せ
ご利用ガイド

このサイトを友達に教える ⇒
メールでこのサイトを友達に教える


【日本全国】配達・設置、出張買取査定いたします

商品のお問合せ