在庫を見る
SOS楽天市場店へ

ひとくち健康メモ「疲れ目解消プログラム」

「SOS 中古」で検索免税店 Tax-free, Duty-free Shop お問合せは24時間受付

最長10年間保証付
ご利用ガイド
商品を購入する

文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

トップページ > 健康メモ1 > 疲れ目解消プログラム
そうだったのか!!健康メモ
疲れ目解消プログラム
パワーヘルス、リブマックス、ヘルストロン等の電位治療器は、頭痛・肩こり・不眠症・慢性便秘などに効果があるとされています。治療器本来の効果を十分に発揮させるためには、 頭痛の根本的原因のひとつである『目の疲れ』について知っていただいた上で治療器をご利用いただければと思います。
かすむ、視界がぼやける、目の奥が痛む…。そんな症状を感じることはありませんか? 
パソコン、ゲーム、携帯電話などの画面を見る時間が多い昨今、疲れ目は年代を問わず増え続けています。眼精疲労に悩んでいるかたの為の「目の疲労」をすっきりと解消する方法をご紹介します。
目の疲れには2つの原因があり、ひどくなると頭痛や肩こりも引き起こします。
眼精疲労は、長時間目を使い続けるといった直接の原因だけでなく、ストレスや精神的疲労によ っても引き起こされることを知っていますか?
たとえば、パソコンで長時間作業をした後に感じる目の疲れ。これは、一定の距離のものをずっと見つづけることで目の筋肉がこわばってこったり、まばたきの回数が減って目が乾いてしまうことが原因です。つまり、目を酷使したことによる疲れ目
しかし、とりわけ何かをずっと見ていなくても、集中して考えごとをしたり、精神的な疲労を感じているときに、目がかすんだり、ぼんやりしたという経験はありませんか?
人は、目に入ってきた情報を視神経を通して脳へ伝達し、脳の中で映像に変換することで、物を見ています。しかし脳が感じたストレスが、その伝達路を通じて逆に目へと伝わってしまうことがあります
これが、疲れ目を引き起こすもうひとつの原因です。
また、視神経そのものが後頭部に集まっていることから、いずれの理由で起きた目の疲れも、慢性化すると頭のこりにつながります。そして、そのこりが悪化すると首や肩までこったり、 さらには頭痛を引き起こすことになります。そのため、疲れ目解消には、目そのものをほぐすだけでなく、脳をリラックスさせること、また、その目の疲れが原因となって引き起こされた、頭のこりをほぐすことも大切です。
目が疲れたなと感じたらその場ですぐできる即効プログラム
疲れ目対策パソコンなどでの作叢が長時間続き、今すぐこの疲れ目をすっきりさせたい1 というときは一旦、目を休めて脳をリラックスさせ、目や目のまわりを直接ほぐす即効プログラムを行いましょう。少し強めの刺激を与えることで、目やそのまわりの筋肉だけではなく、脳にまでしっかりと刺激が伝わり、疲れ目がラクになります。なお目に直接触れるので、爪は短く切り、コンタクトを付けている場合は、外して行いましょう。
目をぐるぐると動かす
視界の上下左右を、なるべく端から端まで見るように、大きくゆっくりと目を動かします。
右回り左回り、両方を3〜5回ずつ行ってください。
目をギュッとつぶる
目を強くギュッと3秒つぶり、パッと開いて3秒キープ、これを3回繰り返します。
眉と目頭の問のくぼみを、ぐっと押し上げる
目を閉じ、親指の先を眉と目頭の間のくぼみに、なるべく深く差し込みます。そのまま、おでこを持ち上げるつもりで、奥から手前にぐっと押し上げます。少し痛いくらいの強さで1分ほど押し続けます。
まぶたの上から、目にギュッと圧を加える
目を閉じ、まぶたの上から人さし指と中指で眼球を押さえます、少し圧迫感を感じるくらいの強さで3分間押しつづけます。押している間に指を動かしたり、強く押すと眼球が傷つくおそれがあるので充分注意して。
普段の生活の中でもできる目の疲れ予防
疲れ目防止目を疲れさせないポイントは、目を開いて物を見たり、一点を見続けたりしないこと。普段の生活の中でできるちょっとした工夫で、目の疲れを予防しましょう。
力まずに物を見る
書類や本を読むとき、集中するとどうしても目を見開いて凝視してしまいがち。また目の前の書類に没頭すると、心の緊張も高まってしまいます。を読むときには、気持ちも距離も少し引いて、リラックスしながら読むようにしましょう。また書類などの位置も、目線が水平よりも下になるようにすると、目への負担が少なくてすみます。
なるべく遠くのものを見る機会をつくる
パソコンやゲームをしているとき、意識してときどき遠くを見るように習慣づけましょう。近いところにピントを合わせつづけて凝り固まった、目の筋肉をゆるめる効果があります。そのほか、空や遠くの風景などを意識して見ることも、目の筋力を高めるのに効果的です。
目をぐるぐると動かすパソコンを使う時は姿勢と配置に注意する
パソコンに向かうときは、まず背すじを伸ばして座ること。いすの高さは、足裏全体が床につき、ひざがももよりも上がらないように調整し、モニターは、目線が水平よりも下になる位置に。また、机のいちばん奥に置いて、なるべく距離をとりましょう。キーボードの位置は、肩からひじまでをまっすぐに下ろし、手はひじよりも少し下がるところがベスト。なお、書類を見ながら作業をするときは、モニターの横に、立てて並べると過度に視線が散らばらず、目の疲れを防ぐことができます。

目薬を差した後は、目頭を押さえてしばらく目をつぶると良い。

このサイトを友達に教える ⇒
メールでこのサイトを友達に教える


【日本全国】配達・設置、出張買取査定いたします

商品のお問合せ